top of page

装飾品再塗装事例:クラシックカーのインパネ再塗装


 

 株式会社三康 様より、「お客様の愛車のインパネを再塗装できないか?」というご相談をいただきました。


 お話を伺わせていただくと、そのお客様はクラシックカーのオーナーでインパネの経年劣化を綺麗に復元したいとのことでご相談があったそうです。


塗装前の状態(塗装劣化部を研磨処理)

 クラシックカーには、その時代を表現するデザイン・風合い、そしてオーナー様の歴史が紡がれています。

 お客様の愛車に対する想いを少しでも実現できるように、建装Plusにて心を込めて再塗装させていただきました。



 

建装Plusの装飾品再塗装実績

 

 建装Plusでは、多数の装飾品再塗装の実績がございます。


 再塗装は「綺麗に補修する技術」であり、「新品になる」訳ではありません。

 ですが、再塗装を行うことで製品はより長く使用することができ、脱炭素社会やSDGsに貢献することができると建装Plusは考えています。

 

 お客様には「再塗装とはどのようなことなのか?」をしっかりご説明をさせていただき、ご理解・ご了承ををいただいた上で品物の状況に合わせた再塗装作業を行なっています。





 

クラシックカーのインパネが再塗装された姿

 


 傷や凹みなどを補修し、元の色味を再現できるように再塗装をさせていただきました。


 

お客様から頂いた声

 

お客様の愛車、ローバーミニに取り付けた姿。

・とても綺麗になって驚きました。インパネと合わせてハンドルも木製のものに交換したので一体感が生まれ満足しています。


 


 お客様に喜んでいただき幸いです。これからも思い入れのある愛車との生活をお楽しみいただけたらと 建装Plus 従業員一同 心より願っております。

 


 建装Plusでは、自社工場にて家具・什器・建材塗装を行なっております。

 塗装設備がある工場だからこそできる安定した品質をぜひご体験ください。


 また、工場リノベーションなど内外装にも多数実績がございます。

 

 塗装や内外装にお悩みの方は、ぜひお気軽に建装Plusまでご相談ください!












Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page